古城山の山頂に築かれた竹田城は、室町時代中期に築城され、その後赤松広秀が大改修して現在の総石垣の壮大な城となりました。その竹田城は高所に城があるため、11月前後に周囲にたつ霧に包まれた壮観なたたずまいは息をのむほどに美しいといわれています。

備中松山城は中国山地と瀬戸内を結ぶ交通の要衝を見下ろす位置である臥牛山の山頂付近に建ち、現存する天守を持つ城としては最も高いところにある山城です。関ヶ原合戦後、代官として入った小堀親子の改修を経て、水野勝宗の大改修により近世三大山城とな今の城の形になりました。

犬山城は織田信長の叔父信康が木曽川沿いの丘陵上に築いたことから始まります。その後の城主である石川、小笠原両氏の手によって近世城郭として完成し、本丸の背後が木曽川によって守られている「後堅固」の構えになっています。

松本城の天守は、五重六階 の大天守を中心とし、複合連結式の天守となります。美しく均整のとれたこの天守は、犬山城、彦根城、姫路城の天守とともに国宝に指定されています。また天守の外壁は、どの階も下部を黒漆塗りの下見板で覆っており別名、烏城ともいわれています。